防犯CPマークは防犯ガラスフィルム施工技能者による施工のガラスフィルム工事だけが可能になります

「穂高」の品質と技術のガラスフィルム工事
TOP >> 防犯CPマーク・エコラベル

防犯フィルム・断熱フィルム・その他ガラスフィルム(飛散防止・断熱・UVカット・節電)の資料請求・ご相談・価格・工事等はお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・ご相談・問合せ

フィルムスリッター販売

[ 本社 ]
〒207-0031 東京都東大和市奈良橋 5-814-4
TEL:042-564-5878
FAX:042-564-5838

  1. 会社概要
  2. アクセスマップ
  3. 求人情報
  4. 個人情報保護
  5. 通販法規表示
  • 日本ガラスフィルムエ事業協会会員
  • 全日本ルミクール・ガラス用ガラスフィルム施工協同組合理事
  • 日本スピンドル製造工事指定会社
  • ガラスフィルム1級技能士
  • カーテンウオール1級技能士
  • サッシ1級技能士
  • 建築施工管理2級技士

防犯の目印「CPマーク」って何?

防犯ガラスフィルム工事CPマーク

「防犯」CPマークの制定

平成16年4月1日に警察庁より「防犯性能の高い建物部品の目録」が公開されました
この防犯性の高い建物部品を防犯建物部品とよび、共通のCPマークを表示することができます。
この防犯建物部品は、官民合同会議の 防犯性能試験に合格した製品です。

「防犯」CPマークの意味

「防犯」Crime Preventionの頭文字CPを図案化したものです。

防犯ガラスフィルム工事CPマーク

「防犯」CPマークの使用

防犯性能の高い建物部品の目録の製品を使用したとしても、その施工や使用が適切に行われていなければ、個々の製品の性能が十分発揮されない場合があります。
CPマークの使用が許されるためには、防犯用窓ガラスフィルムを防犯ガラスフィルム施工技能者が施工しなければなりません
→「防犯用窓ガラスフィルムを入手・購入されたお客様へ」の留意事項(日本ウインドウ・ガラスフィルム工業会制作PDF資料)


「穂高」が施工した窓ガラスフィルムは証である「CPマーク」を貼付することが可能です
ガラスフィルム工事住宅のガラス窓等に防犯用窓ガラスフィルムを貼付する施工については、防犯ガラスフィルム施工技能者の認定を受けた者(以下「施工技能者」という。)が行います。
日本ウインドウ・ガラスフィルム工業会では、施工技能者が施工(貼付)した防犯用窓ガラスフィルムに防犯性能の高い建物部品であることの証である「CPマーク」を貼付することとしています。
「穂高」には防犯ガラスフィルム施工技能者の認定者が多数おり、責任を持って施行致します。

防犯建物部品って何?

防犯建物部品とは、警察庁をはじめとする省庁と、日本ロック工業会等の民間団体によって「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議(官民合同会議)」が平成14年11月、建物への侵入犯罪の防止を図るために設置されました。
この官民合同会議において、平成15年10月に、防犯性能の高い建物部品の試験基準が決定され、同年11月より第1回目の試験を実施、この試験基準に合格した製品が「防犯建物部品」として平成16年4月1日に公示されました。

詳細については
「住まいる防犯110番(警察庁)」
「防犯性能の高い建物部品目録」
をご参照ください。



上に戻る
Copyright(C) ガラスフィルム(有)穂高-品質と技術のガラスフィルム工事 All Rights Reserved.