断熱フィルム・エコ対策フィルム・遮熱ガラスフィルム

「穂高」の品質と技術のガラスフィルム工事
TOP >> 個人・法人の方へ
TOP >> 断熱フィルム

防犯ガラスフィルム・飛散防止ガラスフィルム・断熱ガラスフィルムについての資料請求・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合せ

フィルムスリッター販売

[ 本社 ]
〒207-0031 東京都東大和市奈良橋 5-814-4
TEL:042-564-5878
FAX:042-564-5838

  1. 会社概要
  2. アクセスマップ
  3. 求人情報
  4. 個人情報保護
  5. 通販法規表示
  • 日本ガラスフィルムエ事業協会会員
  • 全日本ルミクール・ガラス用ガラスフィルム施工協同組合理事
  • 日本スピンドル製造工事指定会社
  • ガラスフィルム1級技能士
  • カーテンウオール1級技能士
  • サッシ1級技能士
  • 建築施工管理2級技士

今年のエコ対策は断熱フィルムで!! 穂高にお任せください。

窓際は温度が低下

節電・快適性シミュレーションいたします。

効果測定デーダや事例をご紹介いたします。

基準に適合した日射調整フィルムのエコ・ラベル

お気軽にお問合わせください

ガラスフィルムお見積もりから施工までの手順

エコ対策 断熱・遮熱ガラスフィルム

サンプル施し、体感・データ測定いたします。

窓際の温度差11度断熱フィルムといわれる日射調整ガラスフィルム)窓ガラスに貼ると、室温の上昇が抑えられて空調効率が向上するので、節電・省エネに効果的です。

さらに一層の節電・省エネのためにエアコンの設定温度を1〜2度上げた場合でも快適さが保てます。

日射しの熱を1/2にカット! 

最大の節電効果を発揮夏の電力ピーク時に最大の節電効果を発揮します。
ガラスフィルムが窓ガラスから入る日射しの熱を最大で1/2もカット
エアコンの負荷を大幅に削減できます。
節電効果
右グラフの350W/m2の値を換算すると、ピーク時の節電効果※は
NANO70S:約70W/m2
NANO80S:約60W/m2
※ 節電効果は室内再放射量分を考慮して、COP(空調機のエネルギー消費効率)を4.0として算出。

マルチレイヤー“ナノ”

上に戻る
Copyright(C) ガラスフィルム(有)穂高-品質と技術のガラスフィルム工事 All Rights Reserved.