基準に適合した断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)のエコ・ラベルの採用

「穂高」の品質と技術のガラスフィルム工事
TOP >> 防犯CPマーク・エコラベル

防犯フィルム・断熱フィルム・その他ガラスフィルム(飛散防止・断熱・UVカット・節電)の資料請求・ご相談・価格・工事等はお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・ご相談・問合せ

フィルムスリッター販売

[ 本社 ]
〒207-0031 東京都東大和市奈良橋 5-814-4
TEL:042-564-5878
FAX:042-564-5838

  1. 会社概要
  2. アクセスマップ
  3. 求人情報
  4. 個人情報保護
  5. 通販法規表示
  • 日本ガラスフィルムエ事業協会会員
  • 全日本ルミクール・ガラス用ガラスフィルム施工協同組合理事
  • 日本スピンドル製造工事指定会社
  • ガラスフィルム1級技能士
  • カーテンウオール1級技能士
  • サッシ1級技能士
  • 建築施工管理2級技士
日射調整フィルムのエコ・ラベル

基準に適合した断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)のエコ・ラベルの採用

断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)のエコ・ラベル

グリーン購入法適合「エコ・ラベル」「穂高」がご提供する断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)は、グリーン購入法の判断の基準に適合した日射調整ガラスフィルムですので、施工した窓ガラスに対しエコ・ラベルを貼付します。

  1. エコ・ラベルは、日本ウインドウ・フィルム工業会が指定したラベルを使用します。
  2. エコ・ラベルの名称は、「グリーン購入法基準適合ラベル」とし、枚数ごとに連続番号を捺印します。
  3. 製品名称とラベル番号を記入して、エコ・ラベルを貼付した物件単位に、「穂高」が管理します。

グリーン購入法に係わる断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)

日本ウインドウ・フィルム工業会の基本方針

ガラスフィルム工事グリーン購入法は、国、独立行政法人及び特殊法人が環境物品等の調達を総合的かつ計画的に推進するために定められたものであり、国等の機関が特に重点的に調達を推進する環境物品等の種類である特定調達品目及びその判断の基準に従って、設備の分野に品目として断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)が規定されたことにより、日本ウインドウ・フィルム工業会としては、環境省の総合環境政策の一環であるグリーン購入法を遵守することを目的として、工業会の基本方針に基づき、グリーン購入法に基づく判断の基準に適合した日射調整ガラスフィルムを提供し、CO2削減運動に協力することとする。
また、日射調整ガラスフィルムは、国、独立行政法人及び特殊法人のみならず、一般の民間物件にも広く採用を推進していくこととする。


断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)の判断の基準を満たした製品

メ ー カ ー 名 製 品 名  
株式会社サイバーレップス ネックスフィル SS7090 ネックスフィル SL7480
ネックスフィル RS35 A ネックスフィル SpG60
三晶株式会社 マディコ SRS-220XSR マディコ WIN 50
マディコ WIN 35 マディコ WIN 70
住友スリーエム株式会社 Nano80S NANO80S シルバー35 RE35SIAR
IR65 IR65CLAR シルバー18 RE18SIAR
アンバー35 RE35AMAR アンバー35LE LE35AMAR
株式会社PVJ 透明遮熱 SC70  
サンゴバン株式会社 ソーラーガード Sterling 40 ソーラーガード Sterling 20
ソーラーガード Sterling 60  
リケンテクノス株式会社 RIVEX SS50SRL  
菱洋商事株式会社 ハローウインドー HMK  
リンテック株式会社 レフテル WH03 ルミクール 1035UH
レフテル ZH05G ルミクール 1230UH
レフテル ZC05G ルミクール 1240UH
ルミクール 1015UH HCN-70G
※ あいうえお順で表記 / 2012.05.15現在

断熱フィルム(日射調整ガラスフィルム)施工後のお手入れ

ガラスフィルム施工後のお手入れ

  1. ガラス表面は、一方向にのみ拭いてください 濡れ雑巾や柔らかい紙に水を含ませてお掃除してください 濡れ雑巾や柔らかい紙に水を含ませてお掃除してください
    一方向に拭く やわらかい布でお掃除 テープは張らないで
    通常の汚れは、濡れ雑巾や柔らかい紙に水を含ませて拭きとってください。
  2. ゴムスクイジーを使用の際は、ガラスをよく濡らしてから使用してください。
  3. 油汚れなど取れにくいものは、中性洗剤を薄めて使用してください。
  4. アンモニア系洗剤や有機系洗剤の使用は、避けてください。
  5. 磨き砂や硬いブラシは、表面に傷をつけますので避けてください。
  6. ガラス表面は、一方向にのみ拭いてください。
  7. 粘着テープやステッカーは、貼らないでください。
  8. 結露などでガラス表面に生じた水滴は、こまめに拭き取ってください。

注意事項

  1. 施工後、最低2週間は、触ったり、剥がしたり、清掃は、控えてください。
  2. 水を使って貼り付けますので、白い濁りや水分のたまりができることがありますが、時間とともに消え、綺麗になります。
  3. 北面や室内の間仕切りにはった場合、完全に乾くまで1〜2ヶ月かかることがあります。
  4. 耐久年数は種類やお部屋環境等によっても異なりますが、概ね10年とお考え下さい(貼り直し・再施工も可能なUVカットガラスフィルムです)

施行が不可能な場所



上に戻る
Copyright(C) ガラスフィルム(有)穂高-品質と技術のガラスフィルム工事 All Rights Reserved.