視界制御フィルム 「有限会社穂高」

「穂高」の品質と技術のガラスフィルム工事
TOP >> 特殊なガラスフィルム

防犯フィルム・断熱フィルム・その他ガラスフィルム(飛散防止・断熱・UVカット・節電)の資料請求・ご相談・価格・工事等はお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・ご相談・問合せ

フィルムスリッター販売

[ 本社 ]
〒207-0031 東京都東大和市奈良橋 5-814-4
TEL:042-564-5878
FAX:042-564-5838

  1. 会社概要
  2. アクセスマップ
  3. 求人情報
  4. 個人情報保護
  5. 通販法規表示
  • 日本ガラスフィルムエ事業協会会員
  • 全日本ルミクール・ガラス用ガラスフィルム施工協同組合理事
  • 日本スピンドル製造工事指定会社
  • ガラスフィルム1級技能士
  • カーテンウオール1級技能士
  • サッシ1級技能士
  • 建築施工管理2級技士

ガラスフィルム製品をご提案
多彩なガラスフィルム製品ラインアップの中から、お客様の使用目的に合ったガラスフィルム製品をご提案します。
→リンテック製ガラスフィルム
→3M製ガラスフィルム

視界制御フィルム

ガラスが持つ透明感や採光性を損なうことなく、不要な部分の視界をカット

ガラスが持つ透明感や採光性を損なうことなく、不要な部分の視界をカットするため、窓からの景観を保ちつつ、プライバシー保護に貢献します。
ガラス飛散防止対策効果と紫外線カット効果も兼ね備えており、オフィスや店舗、一般住宅の窓ガラス、扉、パーティションなどに使用可能です。
耐久性をより向上させ、さらにご利用いただきやすくなりました。

視界制御フィルム
視界制御フィルム
視界制御フィルム
視界制御フィルム
  1. 「X-1515」:視点から-15°〜+15°の範囲が不透明になった正面不透明タイプ
  2. 「Y-2555」:視点から+25°〜+55°の範囲が不透明になった一方向不透明タイプ
  3. 「Z-2555」:視点から±25°〜±55°の範囲が不透明になった両方向不透明タイプ
  4. 「W-0055」:視点から0°〜+55°の範囲が不透明になった一方向不透明タイプ

特徴

お問合わせ

この製品に冠するお問合わせ・資料のご請求を承ります。

製品名
会社名
お名前
Emailアドレス
電話番号
備考欄

ご注意

使用上の注意

施工場所について
ウィンコス視界制御タイプは、一般建築物の生活環境下での室内貼り専用フィルムで、ガラス以外に施工できません。
屋外や浴室、ブールなど 高温、多湿環境下でのご使用はおやめください。
熱割れについて
窓ガラスにウインドーフィルムを貼ると、ガラスの温度が上昇し割れることがあります。
ガラスの熱割れが発生する可能性を計算し、熱割れが発生する可能性がないことを必す施工前にこ確認ください。
虹模様、干渉縞について
ウィンコス視界制御タイプは、光の拡散効果により、見る角度によって透明に見えたり、すりガラス状に見える機能を持っています。そのためハードコートによる干渉縞のほか、光の拡散による虹模様が発生します。あらかじめこ了承ください。
経年劣化について
ウィンコス視界制御タイプは、有機材料でできているため、製品に寿命があり経年で劣化します。
経年劣化に伴い、@ヘイズが減少する A視野角度が変化する B色差値が変化するなとの可能性があります。
経年劣化を抑える処方は行っておりますが、施工環境によってさまざまであり、劣化期閻などは規定できません。長期使用ではなく、貼り替えを前提として設計、選定をお願いします。

施工上の注意

施工について
ウィンコス視界制御タイフは、方向性がありフィルムも厚いため、通常のウインドーフィルムとは施工方法が異なります。弊社での施工をお薦めします。
本製品は特殊製法で製造されたフィルムのため、ガラスに貼付し使用上支障のない欠点、打痕などは原則不問とさせていただきます。
ジョイント施工
ジョイント施工の場合、フィルム同士の外観差が発生する場合がありますので、お客様に事前了承を得たうえでの施工になります。
貼り替え
部分貼り替えはロット違い、経年劣化もあり、性能や外観差が発生する場合があります。
施工場所
アクリル板、ポリカーボネート板には貼れません。


上に戻る
Copyright(C) ガラスフィルム(有)穂高-品質と技術のガラスフィルム工事 All Rights Reserved.